Sponsored link

「枯葉」イヴ・モンタンカテゴリの記事一覧

「枯葉」イヴ・モンタン Les Feuilles Mortes

イヴ・モンタンはシャンソンにジャズのテイストを色濃く織り
交ぜた歌手として、俳優そして恋多き男として、また、
その革新的な政治の論客としても有名でした。


イヴ・モンタン(Yves Montand,1921年10月13日 - 1991年11月9日)は
イタリアのモンスマーノで生まれました。
本名はIvo Liviで、「イヴォ! モンタン!(上に、あがって
おいで!)」と母親から呼ばれ育った彼は、その呼び名を
芸名にしました。

1923年、ムッソリーニ政権下のイタリアを離れてフランスの
マルセイユに渡り、11才から職を点々とするようになります。

美容師見習いや運転手、工場労働者等様々な職業を転々と
しながら、フレッド・アステアに憧れて歌手を目指し酒場で
歌う日々を送りました。


1944年ムーラン・ルージュ等で活躍しエディット・ピアフに
見出されます。

彼女はモンタンにとって助言者また愛人となり、2人の関係は
数年の間続きました。

1945年に映画デビューし、1946年に出演した「夜の門」で、
主題歌の「枯葉」を歌ってヒットさせました。

1953年の「恐怖の報酬」に主演して作品はカンヌ映画祭
グランプリを受賞しています。

その後も多くの映画に出演しています。


1951年に女優のシモーヌ・シニョレと結婚。
2人はいくつかの作品で共演しています。

モンタンの浮気がスキャンダルになったことが何度もありましたが
(マリリン・モンローの時は、シニョレが自殺未遂を起こして
いる)、1985年に彼女が亡くなるまで一緒でした。

モンタンはその後、彼のアシスタントだった38才年下の秘書
キャロル・アミエルと結婚、1988年に息子をもうけて話題に
なりました。

1991年11月「IP5/愛を探す旅人たち」の撮影直後に
心臓発作で帰らぬ人となります。




「枯葉 (Les Feuilles Mortes)」
作詞:ジャック・プレヴェール
作曲:ジョセフ・コスマ

1945年に上映されたバレエ「ランデブー」の挿入曲で、
ジョゼフ・コスマが作曲したものに、後に、
詩人のジャック・プレヴェールが歌詞を書いて
歌われるようになりました。


  枯葉が,掃き寄せられる今 私は忘れてはいない
  枯葉が掃きよせられるのと同じに 思い出と悔悟も集められ
  北風に運ばれてゆく 忘却の冷たい闇の中へ...♪



最初に歌ったのはイヴ・モンタンですが、ヒットさせたのは
ジュリエット・グレコが歌ったほうでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。