Sponsored link

「ラ・メール」シャルル・トレネカテゴリの記事一覧

「ラ・メール」シャルル・トレネ La Mer

シャルル・トレネはフランスの歌手、作曲家、作詞家、俳優です。


1913年南仏ニースのスペイン寄りナルボンヌに生まれ、
15歳で初めての詩集を発表します。

やがてJohnny Hessとヴォーカル・デュオを組んでいましたが、
第2 次世界大戦後はソロとして活動をしていくようになりました。

1938年、トゥールーズとパリの間の急行列車の中で、昔を
思い出しながら、ある歌を書きます。
しかし、間もなく戦争が起こり、そのままになってしまい、
1942年に一度歌ったのですが売れずに、戦後の1945年、
アレンジをジャズ風に変えて歌ったところ大ヒットとなりました。
それが「ラ・メール」です。


第2次世界大戦中には、ナチス・ドイツとの関わりを疑われた
こともありましたが、彼のエンターテイナーとしての人気は
不動でした。

1975年に引退表明をした後も度々その姿を舞台で披露して
いましたが、2001年2月19日に脳卒中で逝去。享年87歳でした。


フランスでは偉大な芸術家や他の分野の傑出した人物の死去の
知らせが伝えられると、大統領府エリゼ宮、首相、文化相らは
声明や談話を発表するのが慣例となっているそうで、
短い哀惜の辞にも、どれだけ知性と教養とセンスあふれる言葉を
盛り込むことが出来るかも、国家元首の重要条件とのこと。

国民的歌手シャルル・トレネの時は「ラ・メールなど約一千曲を
残した言葉の魔術師」と呼ばれました。


代表作としての「LA MER(海)」、「BOUM ! 」、そして1951年の
作品「詩人の魂」といった軽やかなシャンソンにジャズを
取り入れて、自分自身が楽しみながら歌い続けたスタイルは、
明るい太陽のような楽しさを持っていました。


1999年で満86歳を迎えたシャルル・トレネが、3日間だけ、
クラシック音楽の殿堂サル・プレイエル(キース・ジャレット
の傑作「パリ・コンサート」もここでした)で行った
リサイタルのライヴ・アルバムが発売されています。
『Chrles Trenet a Pleyel』 CHARLES TRENET

太陽みたいな明るさは健在で、観客との楽しいやり取りを
交えながらコンサートをすすめています。

このアルバムでも、「我が若かりし頃」を終えて、「いまのは
山の歌でしたから今度は...」とトレネが言い出した途端に、
誰かがすかさず声をかけています。「ラ・メール!」。
「そのとおり!」と受けて、海を讃えた名作を歌っています。



  「ラ・メール」LA MER

   ラ・メール 夏の日  波は踊る

   銀色に光る海は雨の下でさまざまに色を変える

   ラ・メール      優しい海のいぶき
   愛の歌はラ・メール  我が胸に流れる  ♪

MERは海のことですが、恋人や母親への思いも表されている
ようです。




映画「ファインディング・ニモ」のテーマ曲「Beyond The See」
としても使われるなど、多くの方に聞きなじみのある曲ですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。