Sponsored link

「想い出のソレンツァラ」エンリコ・マシアスカテゴリの記事一覧

「想い出のソレンツァラ」エンリコ・マシアス  Solenzara

エンリコ・マシアス(本名Gaston Ghrenassia)は
1938年12月11日フランスの植民地下のアルジェリア・
コンスタンチーヌに生まれたユダヤ人で、アルジェリアの
独立戦争によって本国フランスに「帰還」したピエ・ノワールと
呼ばれる移住者の一人です。

マシアスは、はじめそのピエ・ノワールに支持され、次第に
ファン層を広げ、フランスはもとより、日本を含め世界中で
人気を得ますが、その歌には、故国アルジェリアや、
移住を余儀なくされたことを題材にしたものも少なくなく、
その陰影を含んだ音楽は心にしみます。

「ユダヤ、それは私の宗教で、あらぶ、それは私の文明です。
 私は自分のことを”ベルベル系ユダヤ人、アンダルシア系
 ユダヤ人と規定します。」

「生まれ育った生家は4階建ての小さな建物で、ユダヤ教徒、
 イスラム教徒、キリスト教徒の家族が同じ屋根を分かち
 合っていました。
 それは幸福の家であり、相互理解と友情の家でした。」


日本では1965年、越路吹雪さんが、アルジェリア解放闘争の
中で生まれたといわれているエンリコ・マシアスの「恋ごころ」
を岩谷時子の訳詞、夫の内藤法美の編曲で歌い、ヒットさせます。
これはオペラの世界からシャンソン歌手に転向した岸洋子も
歌って、こちらも大ヒットとなりました。


フランスから独立しようとしたアルジェリアでしたが、
フランスが徹底的に弾圧して、解放闘争は苦難をきわめました。
しかし、国を自分たちのものに取り戻そうという気持ちは、
いくら弾圧されても、どこからか燃え上がってきます。
こんな気持ちをエンリコ・マシアスが歌ったのです。
硬い政治の言葉ではなく、「恋は不思議ね 消えたはずの
灰の中からなぜに燃える…」と歌ったのです。





「想い出のソレンツァラ(Solenzara)」

作詞:エンリコ・マシアス
作曲:ドミニク・マルフィジ&カテリーネ・ダルバル&
   ブルーノ・バカーラ


コルシカ島の歌に基づいて作られ、1962年に出版されました。
ソレンツァラの浜辺での夏の夜の恋の思い出をうたったもので、
「恋心」とともにエンリコ・マシアスの人気曲として知られて
います。

ソレンツァラは、ナポレオン生地・コルシカ島の東海岸にある
美しい保養地です。
イタリア・ジェノヴァ領になっていた時代もありましたが、
現在はフランス領です。

1995年オリンピアでのコンサートからの映像です。
メドレーの2曲目に「Solenzara」が歌われています。



ちなみに「ジプシー・キングス」の前身である
「ロス・レイエス」を初めてオランピア劇場の舞台に
登場させたのは彼です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。