Sponsored link

「夜のメロディー」アダモカテゴリの記事一覧

「夜のメロディー」アダモ La Nuit

サルバトーレ・アダモは1943年11月1日、シシリー島、
コミゾに生まれる。
国籍はイタリア!なのです。 父は炭鉱夫でした。

1947年にベルギーの炭鉱町ジュマップに移り住みます。
歌が好きで13歳のころには数々の歌のコンクールで優勝します。

1961年ラジオ・リュクサンブール主催のコンクールでオリジナル曲
「もし打ち明けられたら」を歌い優勝します。
そのときのコンクールの審査委員長シャルル・アズナブールに
認められ、ベルギー・フィリップスで最初の録音を発表しました。

1962年(18歳)10月に「ブルー・ジーンと皮ジャンパー」、11月に
「サン・トワ・マミー」を立て続けに発表し、ベルギーで
ヒットします。
この頃すでに自作曲200曲以上のストックを持っていたそうです。

1964年には「雪が降る」のヒットでフランスでも人気が出ます。

1965年(21歳)オランピアに初出演。
前売り券は完売し、当日は警官隊が出動したほどでした。
ライヴ・アルバムは40万枚の大ヒットとなり、ビルボード誌
人気投票フランス部門で第一位に。
作家のフランソワ・モーリャックはアダモの詩を絶賛しました。

1971年 (27歳)「雪が降る」の日本語盤が驚異的ミリオン・
セラーに。

1993年からはベルギーのUNICEF大使を務めています。


アダモは1970年代、80年代、90年代と様々な社会派音楽の
創作に勤しみ様々な愛の形を歌ってきました。
そこには戦争や中東問題など様々なテーマも取り上げられ、
様々な状況からの人類愛を表現しています。


それでは、セカンドアルバム「我らがアダモの前進」(1964)から、
「 夜のメロディー La Nuit」。
 人間の心の奥底に潜む悪魔的な感性を劇的に表現しています。



最近のプロモーション・ヴィデオのさきがけと言えますね。

森進一さんの声を初めて聞いたとき「あっ、アダモだ」と
思いました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。