Sponsored link

「恋はみずいろ」ヴィッキーカテゴリの記事一覧

「恋はみずいろ」ヴィッキー  L'amour Est Blue

ヴィッキー・ヴァシリキー・レアンドロス・パパサナシウは、
1949年8月23日にギリシャのコルフュ島に生まれ、9歳までの
幼女時代はアテネで、その後ドイツに転居して、ハンブルグで
学校教育を受けました。

高校時代には英語とフランス語の勉強や歌と踊りのレッスンを
受け、15歳の時、ドイツで「ナイフとフォークとハサミと光」
というレコードをリリースし、ヒットしました。

そして17歳でルクセンブルグ代表として出場した、1967年の
第12回ユーロヴィジョン・ソング・コンテストで
「恋はみずいろL'amour Est Blue」を歌い第4位に入賞します。

この時ルクセンブルグ代表のヴィッキーは、大会では苗字を
一切使用しませんでした。
独裁国家であった母国ギリシャとのいかなる繋がりも避ける
ためだったそうです。

父親のレオはファイブ・トップスというヴォーカル・グループの
リーダーでしたが、これ以降、ヴィッキーのマネージャー兼
プロデューサーとして作曲やアレンジもしています。

「恋はみずいろ」はアンドレ・ポップの作品ですが、日本でも
人気があったポール・モーリア楽団による演奏バージョンも
ヒットしました。

67年、68年、70年、72年に来日しているヴィッキーは、
「待ちくたびれた日曜日」、「カーザ・ビアンカ(白い家)」
そして1972年17回目ユーロヴジョン・コンテストで
第1位を受賞した「想い出に生きる Apres Toi」などを
自然な日本語で歌っていますが、6ヶ国語を話せるということが
それからの世界的な活躍につながっていきます。

それでは、17歳のヴィッキーが歌います ♪



ヴィッキーはフレンチ・ポップス歌手と思われていますが、
ホームページはドイツ語なので、現在も
ドイツを中心に活躍しているのでしょう。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。