Sponsored link

「花咲く丘に涙して」ウィルマ・ゴイクカテゴリの記事一覧

「花咲く丘に涙して」ウィルマ・ゴイク Le colline sono in fiore

Wilma Goichは 1945年10月16日に北イタリアのサヴォナ近郊の
カイロ・モンテノッテに生まれました。
 
1963年9月、スペインのバルセロナで開かれた地中海
フェスティヴァルにエミリオ・ペリコーリをパートナーとして、
「愛のめざめ Ho capito che ti amo」を歌い優勝。
これは、日本でのデビュー曲でもあります。
 
65年には「花咲く丘に涙して」でサンレモ音楽祭に入賞しました。
翌66年の同音楽祭では、「花のささやき In un fiore」で入賞し、
日本でもヒットしてます。
67年もサンレモで「ささやく瞳」で入賞し、これも日本でヒット
しました。
同じ67年には、夏のディスク・フェスティヴァルで「夜の想い」が
3位に入賞し、大ヒットしています。
69年にサンレモで歌った「パーチ・パーチ・パーチ」を最後に
引退しています。


66年に来日したウィルマは、食べることと歌うことが大好きな
20歳の青春を謳歌していました。

そんな彼女が歌います、

   ♪ 恋人よ帰って
     丘は花ざかりだけれど
     私は苦しみで死のうとしている  ♪


1965年のサン・レモ音楽祭入賞曲
「花咲く丘に涙して
 (Le colline sono in fiore:直訳=丘は花の中にある)」




名前は「ゴイチ」と発音されていますね。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。