Sponsored link

「ただ愛に生きるだけ」マルティーヌ・クレマンソーカテゴリの記事一覧

「ただ愛に生きるだけ」マルティーヌ・クレマンソー

マルティーヌ・クレマンソー(Martine Clemenceau
1949年3月18日〜)は、1967年にラジオの新人歌手
コンテストに入賞した後、ミュージカル「Je fus
cet enfant」の主演女優としてデヴューします。

本格的に歌手デビューした1971年に、YAMAHAが
主催していた第2回世界歌謡祭に出場。

「ただ愛に生きるだけ(Un Jour L'Amour)」で
グランプリを獲得しました。

感激の涙を浮かべて歌う可憐な姿を思い出します。
作曲者のアンドレ・ポップ(「恋は水色」で有名)は、
「日本人はマイナーな曲調が好きだと聞いたので、
短調で始まるメロディーを書いた」と後日、言って
いました。
ちなみにフランスではヒットしなかったらしいです。
この時の歌唱賞は上条恒彦の「出発の歌」でしたね。


1973年にはフランス代表でユーロビジョン・コンテスト
にも「Sans Toi」で出場していますが15位と惨敗(?)。

しかし1981年に自ら作詞作曲した「Solitaire(哀しみの
ソリテアー)」が大ヒット、ローラ・ブラニガンが
英語で歌ったバージョンは1983年のビルボードで
7位を獲得しました。

Martine CLEMENCEAU "Solitaire"


離婚した俳優のYan Brianとの間に二人の
娘をもうけています。


「ただ愛に生きるだけ(Un Jour L'Amour)」の
日本語版です。
Un Jour L'Amour(J.C.Massoulier - André Popp)
  Martine Clemenceau



日本武道館でのライブ録音(1971年11月27日)も
ありました。
http://youtu.be/d54EgCUy1SQ


------------------------------------------
「ただ愛に生きるだけ」日本語歌詞:片桐和子


青い羽をだきしめ 小鳥は眠る
夜も昼も 私は 愛をだきしめる

道に迷い 疲れた 私の目の前
あなたの手に すべてをゆだねたあの日

あの時 太陽の光さして
心は 暖かな 愛に充ちた

時は流れ 今では 何も残らない
鳥は鳴かず うつろな 私の部屋に

あの時 太陽の光さして
心は 暖かな 愛に充ちた

時は流れ あなたが すべて忘れても
夜も昼も 私は 愛に生きるだけ
----------------------------------------


この曲も日本人好みですね。
"Tu viendras mon amour" (Eddy Marnay - Gérard Gustin)
http://youtu.be/no7vxqFxDD4
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。