Sponsored link

「想い出のマリッツァ」シルヴィ・バルタン

2回目の登場ですが来日記念ということで、私が唯一持っている
シルヴィのレコード「想い出のマリッツァ」をご紹介します。


”セーヌがあなたの川であるようにマリッツァは私の川です。
 でも今ではそれを時々思い出すのは私の父だけです。
 私が小さい頃過ごした10年間の思い出は、
 私には何一つ残っていないのです.....”

マリッツァ川はブルガリア、イタリアとトルコの国境付近から
ブルガリアを横断している川です。

シルヴィはブルガリア生まれで、父親が首都ソフィアの大使館に
勤めていたので、8歳までその地で暮らしました。




では、1972年のTV番組からのライヴ演奏です。

お父さんでなくとも”La la la ...”と歌いたくなります。

La Maritza / Sylvie Vartan
(J.Renard-P.Delanoe)



来日公演は3/28〜30(東京Bunkamuraオーチャードホール)。
2月にパリでスタートした「ヌーベル・ヴァーグ」ツアーの
一環で、来日記念CD"NOUVELLE VAGUE"に収録された60'sの
ヒット曲を中心に行なわれます。
この記事へのコメント
La Maritza 日本語訳

マリヅァ川は私の川。
セーヌ川があなたの川であるように。
けれど、今となってはその川を時々思い出しているのは、わたしの父だけである。

わたしの10歳までのものは
わたしには何も残っていない。
粗末な人形と、昔の歌のわずかな繰り返しの他には。La La La

川の鳥たちはすべて私たちに自由を歌う。
私は、ほとんどわからなかった。
しかし私の父は、彼は、聞き取ることができた。

地平線がとても暗くなると
鳥たちはすべて希望の道の上へ飛び立つ。
そして私たちは彼らに続いて行った。パリへと。

(セリフ)わたしの10歳までのものは
何も残っていない。何も。

そして、けれども目を閉じると
私には父がこの繰り返しを歌うのが聞こえる。
La La La

Posted by 2moka at 2009年11月03日 13:13
2mokaさん、歌詞の日本語訳をありがとう
ございます。
日本語の歌詞をつけて誰かに歌ってほしいですね。
Posted by Daniel at 2009年11月03日 17:52
MEGUさんという歌手が日本語歌詞で歌っています。
http://www.youtube.com/watch?v=wEs9qWD-TRI
Posted by 2moka at 2009年11月04日 20:14
ほんとだ、お知らせありがとうございます。
Posted by Daniel at 2009年11月04日 20:33
本当にきれいな曲ですね。シルヴィーヴァルタンの心の原点が、伝わってくるようです。

お気づきかと思いますが、寄稿された訳詞の6行目は、「粗末な人形さえない」が正しいと思われます。

着の身着のままの亡命で、一見粗末でもとても大事にしていたあの人形さえ持ってくることができなかった少女の無念さ、それにも勝る父への感謝がこの歌の心かもしれませんね。

Posted by zardous at 2012年08月08日 21:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89706434
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

懐かしのオールディーズ紹介の30回目
Excerpt: さて、懐かしのオールディーズ紹介の30回目です。 オールディーズブログをスタートしてはやくも30回に なりました。きょうは記念の1曲に『悲しき足音 スティーブローレンス、Footsteps、S..
Weblog: オールディーズ・ブログ
Tracked: 2008-12-17 19:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。