Sponsored link

「 愛の歴史 」ミシェル・フュガン  Une belle histoire

「 愛の歴史 」ミシェル・フュガン
この曲は どこかできいたことがありますよね?

1978年【カネボウ夏のキャンペーンソング】
(キャンペーン・ガールは服部まこさんでした。)
サーカス「Mr.サマータイム」オリジナル曲です。

2004年夏【プレステ2】TV-CM曲、
映画「下妻物語」でも使われました。



ミシェル・フュガンは1942年5月12日グルノーブルで生まれました。

医師の父を継ぐべく医学を学びますが、21歳のときに映画に惹かれ
アシスタント・ディレクターとして働き始めます。

そこでミシェル・サルドゥーと知り合い、4曲の歌を提供したのを
きっかけに、ダリダやマリー・ラフォレなどにも曲を書き始めました。

1966年に4曲入りのEPレコードをリリースし、1968年には
グルノーブル冬季オリンピックのオフィシャル・ソングを頼まれる
ことにもなります。

1969年にはファースト・アルバム"Je n'aurai pas le temps"を
リリースし、オリンピア劇場でも公演します。

1972年には11人の歌手と15人のバックアップ・メンバーによる
"Big Bazar"を率いて、全国を巡業するほどになります。

その後、映像学校を開いたりTVショー”Fugue à Fugain"を
持つようになり、アーチスト達を支える活動を続けています。



2002年に娘を21歳の若さで白血病でなくしますが、
2007年2月には"Bravo et merci"でカムバックを果たしました。



では、「愛の歴史」、1972年のTVショーから、

作詞;ピエール・ドラノエ
作曲;ミシェル・フュガン


"Une belle histoire" Michel Fugain & Caterina Caselli


この記事へのコメント
Mr.サマータイムはサーカスのオリジナル曲だと思っていましたが、完全なパクリだったんですね。
Posted by 安藤 at 2010年03月03日 16:21
安藤さん、
そうですね、でもサーカスのコーラス・アレンジの
ほうがおしゃれで、オリジナルより素敵です。
そんなケースはよくあって、たとえばハイファイ
セットの「愛のフィーリング」とか、最近だと
平原綾香の「Blessing〜祝福」だとか、原曲より
ずっといいです。
Posted by Daniel at 2010年03月03日 20:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

愛の歴史
Excerpt: 前回、好きだといった「Mr.サマータイム」のフランス語版は、その後の検索により、ミシェル・フュガンという人の「愛の歴史」(フランス語題:Une belle histoire)という曲だということがわか..
Weblog: moriemonのひとりごと〜J'aime La France〜
Tracked: 2009-04-22 01:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。